スポンサーサイト

2018.08.04 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    家出をしたときのこと

    2018.01.09 Tuesday 02:31
    1
    私は高校卒業後の18歳の時に家出をした。
    私の入信を反対した親に外出時に後をつけられる等したため、行動の自由が全く効かなくなったためだ。
    当時在家の女性の信徒さんであったFさんも住むところを探していたので、一緒に安いアパートを借りることにした。月3万円ぐらいの平アパートだ。その時の費用は同じく在家である別の信徒のTさんが貸してくれた。
    その頃はすでに未成年の出家が問題になっていたため、親の許可がない未成年は特別の許可が教団から下りない限りは出家は認められないことになっていた。そこで私は、アルバイトをして生計を立て在家の信徒としてやっていこうと思っており、借りたお金ももちろん返すつもりだった。
    家族とは連絡を取りたくなかったため、教団の支部には親から連絡があっても知らないと言って欲しいとお願いしておいた。
    ある日のこと、教団の大阪支部道場に居た時に教団の支部宛に母から電話があった。電話を受けた大阪支部長の大師だったサマナ(出家修行者)の方に「ちゃんと話し合った方がいいと思うよ」と言われ、私はしぶしぶながら電話に出ることにした。
    「話し合っても話し合いにならないんだけどなぁ……」
    母は普段から私の話は聞いてくれない。
    状況を聞かれ、お金を借りてアパートを借りた事などを説明したところ、「返さないといけないじゃない。出してあげるから何処かで会いましょう」と言われ、新大阪の駅で会うことになった。
    会ってすぐに、「お金を出してあげる」というのは私を家に連れ戻す為のおびき寄せだった事がわかった。私は踵を返してその場から離れようとした。
    その時だ。男性2人が近づいてきて
    「ちょっといいですか」
    と警察手帳を提示された。
    私服警官だった。
    私はそのまま両側を男性に挟まれ、パトカーに乗せられて大きな警察署に連行された。
    連行先では先程の私服警官とは別の年配の警官に、色々説教をされた。
    私は突然警察署に連れてこられてすっかり萎縮してしまい、色々腑に落ちない事も言われても、ただ
    「はい」
    と答える事しか出来なかった。
    最終的に
    「家に帰らないのなら留置所に留め置くぞ」
    などとまで言われた。
    しかし、それに反論するだけの勇気もなかった私はまたしても警察官の言う事に従うしかなかった。
    警察官は私がお金を借りた事を母から聞いていたらしく、そのことを聞かれたため事情を説明した。
    「借りたお金はさっさと返して後は関わりを持たないように…」的な事を言われるのかと思っていた。
    だが、警察官の発した言葉は…
    「返さなくていいです」
    だった。
    「お金を請求されたら、(警察に)連絡して下さい」
    と、隣に座っていた母に向かってさらに言った。
    つまり、借りたお金は踏み倒して、本来なら返すべきお金を請求されたら警察署に通報しろということだ。
    これでは本来の善悪が完全に逆転ではないか。
    このとき私の中で「警察官は正義の味方」という観念が完全に崩れた。
    もし母が「お金を請求された」と通報していたら、警察はいったいどうするつもりだったのだろうか?
    私もTさんもこの後出家したため、結局Tさんにはお金を返せなくなってしまった。だからTさんにお金を請求されたことはない。
    だから、警察官がどうするつもりだったのかは今となってはわからない。
    しかし、「警察という組織は善悪を逆転させる事が出来るほどの強力な権力を持った組織なんだ」ということ、そして「教団の人間はそのターゲットにされるんだ」というイメージは、警察署に連行されるというショッキングな出来事とと相まって私の中に強力に植え付けられてしまった。
    この一件は、一連の事件に教団が関わっているという事に全く気付く事が出来なかった事に少なからず影響したと思っている。
    自分が指名手配になった後でさえ、
    「事件は教団が起こしたのではない。事件は警察のでっち上げで宗教弾圧なんだ」
    という教団側の説明を
    「全くその通りだ」
    と私は信じてしまっていた。
    その後、私は二度目の家出をしてそのまま出家した。
    category:- | by:菊地直子 | - | -

    スポンサーサイト

    2018.08.04 Saturday 02:31
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -